ブログ

探偵の浮気・不倫調査などで浮気・不倫が判明したら

もしかしたら、パートナーが浮気をしているのではないか…。
そんな疑念をもって、自分でちょっと調べてみたら、どうやら浮気は本当らしいとなった時、どうすればいいのでしょうか。

夫や妻が浮気・不倫している事がわかると、激昂してすぐに問い詰めてしまう、という人がいます。
まだ夫婦関係が冷めておらず、問い詰めることでパートナーが反省して、浮気・不倫をすぐにやめる可能性が大きいのならば、そのような態度をとることも一概に悪いとは言えません。

しかし、もし浮気・不倫が発覚した時点で、離婚することや浮気・不倫相手に慰謝料請求することなどを想定しているのだとしたら、感情的になって問い詰めるのは得策ではありません。
なぜなら、こちらが問い詰めたことがきっかけで、パートナーは浮気・不倫の証拠をすべて消去したり、捨ててしまったりすることが考えられるからです。

その後のことを考えるならば、しばらく、こちら側が浮気・不倫を察知していることを知らせないでおいて、その間に証拠集めをするのがいいでしょう。
自分でできることはもちろんですが、私たち探偵事務所に浮気調査・不倫調査を依頼するなど、浮気・不倫の証拠として使えそうなものは、できるかぎり集めてみるといいでしょう。
(詳しくは「探偵が教える、浮気・不倫の証拠を集める方法」ご参照ください。)

もし仮に、こちら側が浮気・不倫に気づいていることをパートナーに知られてしまった場合も、その時点でできる証拠集めを行うことをお勧めします。
その際、浮気・不倫相手の情報が重要になりますので、その氏名や住所、職場などを把握しておくことが望ましいです。

探偵事務所の浮気調査・不倫調査などで証拠が集まるまでは、パートナーが浮気・不倫をしているということを、誰にも知らせないほうがいいでしょう。
情報はどこから漏れるかわかりません。
どうしても心が苦しくなって友人に相談する場合は、完全に自分の味方とわかる人に相談しましょう。
夫婦の共通の友人に相談したら、友人がパートナーの側についていて、自分が話した情報がすべて筒抜けになっていたというケースもあるのです。

そして、探偵事務所の浮気調査・不倫調査などで証拠集めを進めていった結果、自分の気持ちの中で離婚への決意が強くなってきたとしたら、現在の夫婦の財産の状況を確認しておくのがいいでしょう。
実際に離婚ということになれば、財産分与が問題となります。
その時のために、貯金の額やローン、株式、不動産、各種保険などの財産がどれくらいあるのか把握しておいて、財産分与に備えておくというのも大事なことです。

また、夫婦の間に子供がいる場合、パートナーの浮気について、子供にどう伝えたらいいか迷う人が多いでしょう。
離婚をするつもりがないのなら、親の浮気を子供には伝えないと言う考え方もありえます。
しかし、離婚するとなると話は変わってきます。
離婚するまでのどこかで、子供に「なぜ離婚することになったのか」を説明しなくてはいけません。

もちろん、必ず浮気の事実を伝えるべきだというわけではありませんが、子供の年齢や親との関係性を見ながら、適切なタイミングで、できるだけ適切な言葉を選んで、事情を説明する必要があります。
その時のために、子供にどう伝えるのがいいか、子供のみになって、じっくり考えて頂けたらと思います。

浮気・不倫調査については合わせてこちらもご参照いただければと思います。

素行調査・浮気調査・不倫調査をお考えの方は、当探偵事務所まで、お気軽にご相談ください。

(当探偵事務所のご相談・ご依頼方法につきましては「探偵に浮気・不倫調査の相談・依頼をする方法」をご参照ください。)

井原探偵事務所
〒106-0045 東京都港区麻布十番1-5-10 アトラスビル4F
Tel:03-6869-1685

当探偵事務所にご来所される際には、お電話(03-6869-1685)やご相談・お問い合わせフォームにて、事前のご予約をお願い致しております。
事前のご連絡なくご来所された場合、誠に申し訳ありませんが、担当スタッフが不在の場合がございます。
ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

関連記事

  1. 浮気・不倫の時効
  2. 圧倒的に多い浮気・不倫調査の実態
  3. 探偵の浮気・不倫調査が必要な理由とは!メリットとデメリットも解…
  4. 浮気・不倫!探偵の報告書、効果的な活用方法とは!
  5. 探偵が教える、浮気・不倫の証拠を集める方法
  6. 浮気・不倫でこの言い訳、通用するの?
  7. 探偵が教える、浮気・不倫のありがちな行動パターン
  8. 探偵の浮気・不倫調査とは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

ARCHIVE

探偵業届出と加盟協会

東京都公安委員会(探偵業届出第30150195号)
(社) 日本調査業協会加盟(加盟登録第1524号)
(社) 東京都調査業協会所属
社団法人 日本調査業協会
社団法人 東京都調査業協会
日本弁護士連合会
東京弁護士会
第一東京弁護士会
第二東京弁護士会
PAGE TOP