ブログ

探偵が教える、浮気・不倫の証拠を集める方法

パートナーの様々な行動から伺うことができる浮気・不倫のサイン。
そんなサインをきっかけに、いろいろな情報を集めてみた結果、「どうやら相手が浮気・不倫をしているらしい」となったらどうすればいいでしょうか。

あまりオススメはできませんが、本当に浮気・不倫をしているのかどうか、パートナーに直接、問いただしてみるというのも1つの方法でしょう。
実際には、そのようにする方が多いかもしれません。

しかし、中にはパートナー が浮気・不倫をしているという確信を胸に抱き、離婚と言う二文字が頭に浮かぶ人もいるでしょう。
もし離婚も視野に入れて考えるのだとすれば、浮気・不倫の証拠を集めておくということが重要なポイントとなります。

実際に離婚に向けて話し合いを始めたのだけれど、途中で話がこじれて、裁判で決着をつけるということになった場合、自分の主張を認めてもらえるかどうかは、証拠がすべてということになります。
(詳しくは「裁判での不貞行為とは、浮気・不倫調査での証拠とは」を参照ください。)

また、裁判の前段階の離婚調停においても、パートナーが浮気・不倫をしているという決定的な証拠があると、調停員がこちらの味方についてくれたり、パートナーも観念して態度が軟化したりすることが多々あります。

さらに、必ずしも離婚を考えていない場合でも、客観的な証拠を集めることで、事実関係を確認するのは無駄なことではありません。
そこで、ここでは、証拠集めをどのように行ったらいいのか、ということについて考えてみたいと思います。

証拠になるような写真を撮る

まず証拠としてかなり有力なのが、写真です。
パートナーと浮気・不倫相手が2人そろって、ホテルの一室や浮気・不倫相手の自宅などに入っていくところを撮影し、その後、一定時間が経ってから2人で出てくる所を撮影できれば、2人きりでそこにいたことが証明できるので、決定的だと言えます。

証拠として重要なのは、パートナーと浮気・不倫相手の顔がはっきりと写った写真であることです。
また、あまりにも短い時間だと、「何もなかったのでは?」、出るところの写真がないと「いつ出たのか?何もなく早く出たのか?」ということになってしまいます。
そこで、ある程度の時間、ホテルの一室や浮気・不倫相手の自宅に滞在していたことを立証できるように、入りと出の写真を押さえるというのが、ポイントとなります。

ただ、このような浮気・不倫現場の証拠写真というのは、一般の人が簡単に撮影できるというものではありません。
実際には、探偵事務所に浮気調査・不倫調査を依頼して、証拠写真を撮影してもらう方がいいでしょう。
(詳しくは「探偵の浮気・不倫調査とは」を参照ください。)

言動と矛盾するレシートを集める

浮気・不倫現場の証拠写真よりも簡単に手に入り、証拠としてそれなりに有効なのが、レシートです。
それのみで浮気・不倫を立証するのは難しいですが、他の証拠と合わせれば、有効な証拠となる場合があります。

具体的には、パートナーの財布やカバンの中から出てきた、ホテルやレストランのレシートが証拠となる場合があります。
ホテルに入る前にコンビニへ寄って、食べ物などを買う場合も多いようなので、コンビニのレシートが有効な場合もあります。

また、自宅や会社とは全然違う場所で、普段は立ち寄ることがないようなコンビニ店舗のレシートが見つかったら、浮気・不倫相手と会ったときに利用した可能性があります。
そのような時は、レシートに記載されている店舗の住所をグーグルマップなどで検索してみるといいでしょう。
ホテル街の近くの店舗であれば、浮気・不倫と関係している可能性が高いといえます。

さらに、水族館などのレジャー施設やレストランのレシートも、場合によっては、浮気・不倫の証拠となる場合があります。
「今日は仕事」といっていた日に水族館に行っていたり、誰かと2人で食事をしていたことがわかるレシートが出てくれば、矛盾を証明することもできるでしょう。

ちなみに、レシートではありませんが、クレジットカードの明細書に言動の矛盾を示す記載があれば、そのことが浮気・不倫の証拠となりうる場合もあります。

浮気・不倫の証拠メールを撮影する

パートナーが浮気・不倫相手とやり取りしたメールやラインなどの通信アプリなども、重要な証拠です。
単にメールや通信アプリでやり取りしているだけでは、「仕事上の付き合い」と言い逃れされる可能性がありますが、文面や添付されている写真に、浮気・不倫を示すような内容があれば、浮気・不倫の証拠となりうる場合もあります。

このような文面や添付されている写真は、パートナーが使用している携帯電話やパソコンの中に入っています。
過去のやりとりが消去されずに残っていれば、証拠となる場合があります。
そこで、どうやって浮気・不倫の証拠として残すのかということですが、自分の携帯電話やデジカメの撮影機能を使って、写真を撮る人が多いです。

携帯電話やパソコンに残っている文面や添付されている写真のうち、浮気・不倫の証拠になりそうなものを携帯電話などで撮影しておけば、その写真画像が証拠となるのです。
なかには、パートナーの携帯電話から自分の携帯電話に転送して証拠に残す人もいるようですが、そうすると、自分がそういうリサーチをしていることがパートナーに伝わってしまう可能性があります。

また、浮気・不倫相手と連絡する時、メールやラインなどの通信アプリだと証拠が残るので、もっぱら電話でやり取りするという人もいるでしょう。
そういう場合は、携帯電話の通信履歴が証拠となる場合もあります。
パートナーが使っている携帯電話の通信履歴を確認できるときは、それを確認してみるのも1つの手です。

通信履歴によって、誰とどれだけ電話で話しているのかを知ることができます。
浮気・不倫相手とあまりにもたくさん電話しているようでしたら、これも浮気・不倫の証拠の1つとなりえます。

ネットサービスをチェック

近頃は、様々なネットサービスを手軽に利用できるようになっています。
そのようなネットサービスがきっかけとなって、浮気・不倫が発覚するという場合もあります。

例えば、代表的なSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)のFacebookに浮気・不倫の証拠が残される場合もあります。
アルバムに投稿されたツーショット写真の日時と場所が判明すれば、浮気・不倫の証拠になりえます。
また、写真につけられたタグで、パートナーが浮気・不倫相手と一緒にいたことが判明する場合もあります。

また、浮気・不倫相手に会いに行くために、ネットの乗り換え検索サービスを利用している可能性があります。
多くの場合、パソコンや携帯電話に検索した駅名の履歴が残っていますので、見慣れない駅名が出てきて、それが浮気・不倫相手の自宅の最寄り駅などだと分かれば、重要な情報となってくるでしょう。

携帯電話といえば、予測変換機能で浮気・不倫の可能性を掴むこともできます。
普段、夫婦の間ではそっけないメールしかかわしていないのに、「あ」と入力したら「愛してる」という言葉が予測変換で出てきたり、「す」と入力したら「好きだ」という言葉が出てきたら、相手の浮気・不倫を疑ってみてもいいかもしれません。
実際に依頼者から聞いた話ですが、「け」と入力してみたら「結婚式をあげよう」という言葉が出てきた事例もあるのです。

手帳の記述を調べる

一方、ネット時代になっても、手帳やスケジュール帳を愛用している人もいます。
そんな場合は、手帳やスケジュール帳に、浮気・不倫相手といつ会ったのかが記載されているケースがあります。

特定の日に星印などのマークが記されているだけだったとしても、他の証拠からその日に浮気・不倫していたことがわかれば、それを補強する証拠として認められます。

ここまで、浮気・不倫の証拠として代表的なものを、紹介してきましたが、このような証拠をどのようにして押さえていけばいいのか。

すでに少し触れていますが、基本的には、レシートもメール・通信アプリも手帳も、すべて携帯電話などのカメラ機能を使って撮影しておけば十分です。
いわゆる「写メ」で浮気・不倫の証拠を残しておけばよいのです。

なお、パートナーの携帯電話やパソコンを勝手にのぞき見して、その写真を撮ることに気がとがめる人もいるでしょう。
ただ、法的には、家族の携帯電話やパソコンをのぞき見することは、よほど極端なことをしない限り、違法とまでは言えないとされています。
もし仮に、違法と判断されたとしても、ほとんどの場合、その証拠は民事裁判で有効な証拠として使うことができます。

ただ、のぞき見するメールがGmailなどのウェブメールであるときは、注意が必要です。
メールを見るのにウェブメールのパスワードを解読して勝手にログインすると、不正アクセス禁止法に抵触するおそれがあります。
相手に見つかると、逆に自分が慰謝料を請求される可能性もあるので、その点は注意してください。

ICレコーダーで音声を記録

これまでに紹介した写真やメールなどは、いずれも視覚的な証拠ですが、聴覚に訴える音声も証拠となりえます。

例えば、ちょっと私たち探偵に近い感じもしますが、パートナーがメインの移動手段として自動車を使っているのならば、その車にICレコーダーを忍ばせておくという方法があります。
長時間録音ができるICレコーダーを座席の脇など、見つかりにくい場所に設置して、車中の会話を録音すれば、浮気・不倫の証拠となる可能性があります。

また、自動車にしかける装置としては、ICレコーダーのほかに、GPS端末を使って、所在地を把握するという方法もあります。
そのような機器を車内に設置しておいて、パートナーの車の所在地を把握するのも、浮気・不倫の証拠集めの手助けになるでしょう。

さらに、家庭の中でも、ICレコーダーは威力を発揮します。
例えば、夫婦の会話を隠れて録音しておいて、その時にパートナーが浮気・不倫を認める発言をすれば、それが証拠となります。
ただ、あまり強い口調で問い詰めると、パートナーを脅して無理やり認めさせたと受け取られる可能性があるため、注意が必要です。

こうした浮気・不倫の証拠集めは、自分でできる場合は自分でやってしまうのが一番なのですが、パートナーと浮気・不倫相手に気づかれずに尾行して、ホテルの一室に入るところを写真で撮影するというのは、普通の人には至難の業でしょう。
レシートのチェックと言ったことは自分でやって、難しいところは私たち探偵事務所を利用するというのも一つの考え方だと思います。

浮気・不倫調査については合わせてこちらもご参照いただければと思います。

素行調査・浮気調査・不倫調査をお考えの方は、当探偵事務所まで、お気軽にご相談ください。

(当探偵事務所のご相談・ご依頼方法につきましては「探偵に浮気・不倫調査の相談・依頼をする方法」をご参照ください。)

井原探偵事務所
〒106-0045 東京都港区麻布十番1-5-10 アトラスビル4F
Tel:03-6869-1685

当探偵事務所にご来所される際には、お電話(03-6869-1685)やご相談・お問い合わせフォームにて、事前のご予約をお願い致しております。
事前のご連絡なくご来所された場合、誠に申し訳ありませんが、担当スタッフが不在の場合がございます。
ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

関連記事

  1. 探偵が教える、浮気・不倫のありがちな行動パターン
  2. 探偵の浮気・不倫調査が必要な理由とは!メリットとデメリットも解…
  3. 浮気・不倫!探偵の報告書、効果的な活用方法とは!
  4. 圧倒的に多い浮気・不倫調査の実態
  5. 夫の浮気・不倫相手が慰謝料請求に応じない
  6. 浮気・不倫でこの言い訳、通用するの?
  7. 裁判での不貞行為とは、浮気・不倫調査での証拠とは
  8. 浮気・不倫の時効

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

ARCHIVE

探偵業届出と加盟協会

東京都公安委員会(探偵業届出第30150195号)
(社) 日本調査業協会加盟(加盟登録第1524号)
(社) 東京都調査業協会所属
社団法人 日本調査業協会
社団法人 東京都調査業協会
日本弁護士連合会
東京弁護士会
第一東京弁護士会
第二東京弁護士会
PAGE TOP