ブログ

探偵が教える、浮気・不倫のありがちな行動パターン

パートナーの浮気・不倫調査で、私たち探偵事務所に相談に来られた方のお話をうかがっていると、浮気・不倫が疑われる行動パターンというものが、いくつかあることがわかってきます。
(「浮気・不倫調査室」もご参照ください。)

携帯電話にロックをかける

まず、浮気・不倫をしているかもしれないと察知するきっかけとして、よくあるのが携帯電話です。
浮気・不倫をするためには、その相手と何らかの手段で連絡をとらなければいけませんが、通常は、携帯電話を使って、電話をしたりメールをしたりして連絡を取り合うことになります。

そのような浮気・不倫相手との電話やメールを、パートナーに知られたら大変なことになるわけですから、浮気・不倫している当人はなんとかそれを隠そうとします。
そこで、メールや通話履歴をパートナーに見られないように、携帯電話に暗証番号を設定してロックをかけ始める、というのがよくあるパターンです。

もちろん、自分の携帯電話を仕事でも使っていて、携帯電話を落としたときに取引先の情報などをもらさないようにロックをかけている、という可能性も考えられます。

しかし、それまでロックをかけないで携帯電話を使っていたのに、ある日突然、暗証番号を設定してロックをかけ始めた、ということであれば、そこには何か理由があるはずです。
実際に、パートナーの携帯ロックをきっかけに、パートナーの浮気・不倫を疑うようになったという人は多いのです。

また、ロックをかけているわけではないけれど、携帯電話の内容を見られないように、トイレに行くときも肌身離さず持っていったりしている場合なども、浮気・不倫が疑われるケースと言えます。
あるいは、パートナーの前では携帯電話を見ることがほとんどなくなり、メールや電話もしなくなったという変化が出てき場合も同様に考えることができるでしょう。

深夜残業や休日出勤が急に増える

浮気・不倫をしていると、浮気・不倫相手に会うために、いろいろと時間を工面しなければなりません。
そこで、カモフラージュとして、イイワケによく使われるのが、仕事です。

例えば、以前はたまにしかなかった泊まりがけの出張が増えたと言って、家に帰らない日が多くなったというパターンはよくあります。
また、深夜残業で遅くなると言って、帰宅時間が極端に遅くなる日が頻繁になったり、急に土日も休日出勤をするようになったり、というのも疑わしい行動パターンと言えるでしょう。

もちろん、本当に仕事が忙しくて、残業や休日出勤が増えているケースもあるでしょう。
でも、だからこそ、仕事と言うのは、浮気・不倫の隠れ蓑に使われやすいのだとも言うことができます。
そこで、パートナーの行動が気になる場合、パートナーが言っていることが本当なのか確かめるために、残業や休日出勤の手当がきちんと給与明細に記載されているか、チェックするという人もいます。

また、仕事ではないのですが、女性が浮気・不倫を隠すための言い訳として、時々あるのが、習い事を始めたと夫に伝えるケースです。
英会話や料理など、いろいろな教室がありますから、そのような習い事に行くのだと偽って、浮気・不倫する時間を確保しているというケースがあるのです。

突然、態度が冷たくなる

浮気・不倫をしていると、パートナーへの態度がだんだん変わってくる人もいます。
例えば、以前よりも口数が少なくなったり、パートナーの行動に関心を示さなくなったり、というケースです。
さらに、何年も前のことを持ち出してケンカをふっかけてくると言った場合もあります。
こうなってくるともう末期的で、相手のほうから離婚をきりだす準備段階に入ったと見ることもできます。

一方で、これとは逆のパターンで、自分が浮気をしていることに対して罪悪感を感じ、急にパートナーに優しくなったり、家族サービスに熱心になったりする人もいます。
このような行為自体は嬉しいものですが、それまでと180度変わった態度を取るようになった場合で態度に心が伴っていないと感じたら、「何かおかしいな」と疑ってみてもいいかもしれません。

ちなみに、このような場合、浮気・不倫をしている当人は、「離婚はしたくない。こっそりと浮気・不倫相手との関係を続けていきたい」という気持ちが前提にあると考えられます。
したがって、もし浮気・不倫が発覚したら、素直に謝罪して、離婚をなんとか防ごうとする可能性もおおいにあると言えるでしょう。

オシャレに気をつかい始める

男性も女性も、浮気・不倫をして恋愛モードに入ると、急にオシャレになることがあります。
今まで、妻に下着を買わせていた男性が、自分でパンツを買うようになるということがよくあるパターンです。

女性の方も、上下の下着が知らないうちに華やかになる、といった変化のほか、美容院に行く回数が増えたり、ダイエットを始めたりすることがあります。
それが夫のためであれば非常に喜ばしいことなのですが、浮気・不倫相手のためだとしたら、悲しいものです。

また、服装や髪型といった外見的な面だけでなく、オシャレに対する関心が高くなるなど、行動や心理の面で、浮気・不倫が察知できる場合もあるようです。
例えば、それまで世間の流行に疎かった男性が、急に女性向けのファッションブランドや人気のレストラン、もしくはディズニーランドなどに興味を持つようになったら、浮気・不倫を疑ってみてもいいかもしれません。

自分でお金を管理したがる

夫婦によって、家庭の財産の管理方法はそれぞれですが、いったん結婚したら、家計は一緒で、銀行口座も共同で管理しているというケースが多いのが実情です。

そのように財産を共同で管理していた夫婦の一方が突然、自分だけの口座を作ったり、「口座を分けように」などと言い出したら、要注意です。

浮気・不倫をすると、浮気・不倫相手と2人で食事をしたり、ホテルに行ったりとけっこう、出費がかさみます。
そのような費用捻出するために、それまで給料を全て妻に預けて小遣い制だった男性が、ある日突然、自分で財産を管理し始めるというケースがあるのです。

浮気・不倫調査については合わせてこちらもご参照いただければと思います。

素行調査・浮気調査・不倫調査をお考えの方は、当探偵事務所まで、お気軽にご相談ください。

(当探偵事務所のご相談・ご依頼方法につきましては「探偵に浮気・不倫調査の相談・依頼をする方法」をご参照ください。)

井原探偵事務所
〒106-0045 東京都港区麻布十番1-5-10 アトラスビル4F
Tel:03-6869-1685

当探偵事務所にご来所される際には、お電話(03-6869-1685)やご相談・お問い合わせフォームにて、事前のご予約をお願い致しております。
事前のご連絡なくご来所された場合、誠に申し訳ありませんが、担当スタッフが不在の場合がございます。
ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

関連記事

  1. 探偵の浮気・不倫調査とは
  2. 探偵が教える浮気・不倫調査の後、関係相手と別れさせる方法
  3. 浮気・不倫でこの言い訳、通用するの?
  4. 浮気・不倫!探偵の報告書、効果的な活用方法とは!
  5. 探偵が教える、浮気・不倫の証拠を集める方法
  6. 圧倒的に多い浮気・不倫調査の実態
  7. 探偵に浮気・不倫調査の相談者は女性?男性?
  8. 浮気・不倫の時効

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

ARCHIVE

探偵業届出と加盟協会

東京都公安委員会(探偵業届出第30150195号)
(社) 日本調査業協会加盟(加盟登録第1524号)
(社) 東京都調査業協会所属
社団法人 日本調査業協会
社団法人 東京都調査業協会
日本弁護士連合会
東京弁護士会
第一東京弁護士会
第二東京弁護士会
PAGE TOP