ブログ

探偵が教える浮気・不倫調査の後、関係相手と別れさせる方法

浮気・不倫調査などで浮気・不倫の証拠を集めて、確かにパートナーは浮気・不倫をしていたということがわかったとしても、離婚するつもりはない、と言う人もたくさんいます。
私ども井原探偵事務所に浮気・不倫調査のご相談に来られるお客様にも多く、「望むのは、パートナーが浮気・不倫相手と別れて、もう一度、自分との夫婦生活を修復し、やり直すこと」、そう考える人は、少なくありません。

そのような場合には、何とかして、パートナーに浮気・不倫相手と別れてもらわなくてはいけません。
こちら側の望むように、うまく別れてくれれば良いのですが、中には、簡単には別れてくれないケースもあります。

そうした時の方法・手段の1つとして、浮気・不倫相手に対して慰謝料を請求することが考えられます。
(詳細は「浮気・不倫相手に慰謝料請求」ご参照ください。)
さらに、今後のことを考えて、浮気・不倫相手がパートナーと二度と会わないような対策をとることもあります。
それは、「再度、不貞行為を行ったら、金○○万円の違約金を支払う」という内容の契約を結ぶという方法です。

このような慰謝料請求や契約書の作成となると、弁護士に依頼した方がスムーズだと思いますが、もし自分で進めるという場合でも、その契約書を公正証書にしておくのがよいでしょう。

また、いったん浮気・不倫相手に慰謝料請求を行っておきながら、その後の交渉で、パートナーと別れて二度と会わないことを条件にして、慰謝料請求を取り下げるという方法もあります。
この時もやはり、「再度、不貞行為を行ったら、金○○万円の違約金を支払う」という内容の契約を結ぶことになります。

ちなみに、浮気・不倫相手が会社員や公務員の場合、勤務先に浮気トラブルを知られるのをおそれるというケースがよくあります。
そのため、浮気・不倫相手に対して「慰謝料を払わないと会社に伝える」などと言うヒトもいるのですが、脅迫罪や名誉毀損罪になる可能性もあるので、オススメはできません。
仮に浮気・不倫相手に伝えるとしても、遠回しに「慰謝料を払わないと、給料の差し押さえによって、トラブルが会社に知られてしまいますよ」という程度にとどめておいたほうがいいでしょう。

浮気・不倫調査については合わせてこちらもご参照いただければと思います。

素行調査・浮気調査・不倫調査をお考えの方は、当探偵事務所まで、お気軽にご相談ください。

(当探偵事務所のご相談・ご依頼方法につきましては「探偵に浮気・不倫調査の相談・依頼をする方法」をご参照ください。)

井原探偵事務所
〒106-0045 東京都港区麻布十番1-5-10 アトラスビル4F
Tel:03-6869-1685

当探偵事務所にご来所される際には、お電話(03-6869-1685)やご相談・お問い合わせフォームにて、事前のご予約をお願い致しております。
事前のご連絡なくご来所された場合、誠に申し訳ありませんが、担当スタッフが不在の場合がございます。
ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

関連記事

  1. 圧倒的に多い浮気・不倫調査の実態
  2. 探偵が教える、浮気・不倫の証拠を集める方法
  3. 探偵に浮気・不倫調査の相談者は女性?男性?
  4. 探偵の浮気・不倫調査とは
  5. 探偵が教える、浮気・不倫のありがちな行動パターン
  6. 浮気・不倫の時効
  7. 探偵に浮気・不倫調査を依頼したことでスピード解決
  8. 浮気・不倫でこの言い訳、通用するの?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

ARCHIVE

探偵業届出と加盟協会

東京都公安委員会(探偵業届出第30150195号)
(社) 日本調査業協会加盟(加盟登録第1524号)
(社) 東京都調査業協会所属
社団法人 日本調査業協会
社団法人 東京都調査業協会
日本弁護士連合会
東京弁護士会
第一東京弁護士会
第二東京弁護士会
PAGE TOP