ブログ

離婚のかたち

協議離婚

離婚の約90%が、この協議離婚によって決まります。
離婚に至る理由や原因は問わずに双方の合意に基づいて行う離婚です。
裁判所などでの特別な手続きなども不要で、形式が整った離婚届を役所に提出し受理されれば離婚成立となります。
郵送での手続きも可能です。

このように簡単に届出ができることから、不本意な離婚や、財産分与や養育費の取り決めのないままの離婚などの問題があります。
この協議離婚に関しての不利益を被らないために離婚協議書の作成をお勧めします。
とりあえずリコンを・・・というのは出来るだけ避け、じっくりと先を見越した話し合いを持たれることが大切です。

また、戸籍係には届出書が本人により記入されたかどうかの審査権がなく、印も実印である必要はありません。
ですから、届出書を本人の知らない間に提出される危険があります。
その対策として、あらかじめ不受理申出を出して受付を止める方法と、提出された後ならば無効の調停を申し立てる方法があります。

調停離婚

夫婦間での話し合いがつかない場合に、、第三者として、家庭裁判所を用いる場合が調停離婚と呼びます。
離婚全体の7~9%がこの調停離婚となります。
離婚すること自体は決まっているのですが、養育費や財産分与、親権等といった面で両者が同意できないケースに用いられることがあります。
夫婦間の意見をスムーズに調整するするために、調停を行うということです。
調停委員は、中立的な立場で双方の話を聞く姿勢です。

また、離婚調停はこれからどうしていくのかを話し合いで決めていく場です。
問題点や方向性を整理して陳述書など文書にまとめることにより、ご自身の立場を客観的に見直すことができます。
ここで双方が合意に至れば、調停調書が作成されこれに離婚届を添えて提出し、離婚成立となります。

審判離婚

調停裁判での話し合いを行っても、終わりそうにない場合に家庭裁判所が独自の判断の基に離婚を宣言します。
つまり、両者の意見に反して、強制的に家庭裁判所が、離婚を成立させるものをさします。
この審判から2週間以内に異議申し立てがなされると審判の効力がなくなるのであまり利用されません。
このケースは調停離婚の延長上にあることから、年間100件あるかないかとされています。

裁判離婚

調停でも、審判にも納得がいかない場合、家庭裁判所から地方裁判所に場所を移して、裁判で離婚を決める方法が、裁判離婚です。
調停離婚とは違い、精神的重圧や、弁護士をつけることにより、その費用・手続きなど、何かと面倒で時間を費やすこともこの裁判離婚の大きな特徴になります。

また、この場合、法定離婚原因があることを証明しなければなりません。
証明は離婚を申し立てる方がします。
法定離婚原因とは下記5つの項目のいずれかです。

  • 不貞行為 (浮気や不倫など)
  • 悪意の遺棄 (夫婦の同居・扶助義務を果たさないとき)
  • 3年以上の生死不明 (蒸発など)
  • 回復の見込みのない強度の精神病
  • その他婚姻を継続しがたい重大な理由 (性格の不一致等)

(詳細は離婚の原因をご参照ください。)
この裁判離婚は、全体の離婚の割合でも1%程度しかなく、ここで離婚と判決が出れば離婚が成立となります。

夫婦問題や離婚・慰謝料については合わせてこちらもご参照いただければと思います。

素行調査・浮気調査・不倫調査をお考えの方は、当探偵事務所まで、お気軽にご相談ください。

(当探偵事務所のご相談・ご依頼方法につきましては「探偵に浮気・不倫調査の相談・依頼をする方法」をご参照ください。)

井原探偵事務所
〒106-0045 東京都港区麻布十番1-5-10 アトラスビル4F
Tel:03-6869-1685

当探偵事務所にご来所される際には、お電話(03-6869-1685)やご相談・お問い合わせフォームにて、事前のご予約をお願い致しております。
事前のご連絡なくご来所された場合、誠に申し訳ありませんが、担当スタッフが不在の場合がございます。
ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

関連記事

  1. 離婚弁護士とは
  2. 離婚の原因
  3. 婚姻費用の分担
  4. 離婚の際は弁護士を活用しよう
  5. 浮気と不倫や不貞の違いとは
  6. 浮気・不倫の証拠がないと離婚の時に不利になる?
  7. 離婚の専門家や公的機関に相談してみる
  8. 浮気や不倫の慰謝料相場

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

ARCHIVE

探偵業届出と加盟協会

東京都公安委員会(探偵業届出第30150195号)
(社) 日本調査業協会加盟(加盟登録第1524号)
(社) 東京都調査業協会所属
社団法人 日本調査業協会
社団法人 東京都調査業協会
日本弁護士連合会
東京弁護士会
第一東京弁護士会
第二東京弁護士会
PAGE TOP