ブログ

探偵、夫婦関係の修復を考える

現実にはパートナーの浮気・不倫によって夫婦関係がめちゃくちゃになって、そのまま離婚に至るというケースが非常に多いのですが、その一方で浮気調査・不倫調査によって、浮気・不倫が発覚した後に、紆余曲折がありながらも、なんとか夫婦関係を立て直す人もいます。

私たち井原探偵事務所に浮気調査・不倫調査のご相談に来られる方のなかにも、「浮気相手に慰謝料を請求したいけど、パートナーと別れるつもりはありません」と言い、夫婦関係の修復がお望みの方がいらっしゃいます。
そのような方には「パートナーを責め立てるのではなく、優しく接してあげましょう」とアドバイスすることがあります。

浮気・不倫をした人間の立場からすると、確かに悪いことをしたという自覚はあるのですが、あまりにも強く責められると、自分の居場所がなくなってしまうように感じられるようです。
浮気・不倫をしたことえの怒りはなかなか消えないでしょうが、パートナーが帰って来やすい家庭を作るというのも大事なことだと思います。
厳しく接しすぎると、再び浮気・不倫相手の元に行ってしまう可能性もあるので、注意が必要です。

この点、浮気・不倫をしたのが夫の場合で、夫婦に子供がいるのならば、子供が夫になつくようにするといいでしょう。
「お父さん、遊びに連れて行って」と子供に言ってもらい、休みの日に家族サービスをしてもらいましょう。
万が一、浮気相手に未練があったとしても、子供と一緒だと「家族・家庭を大事にしよう」と思う男性が多いようです。き
そのような心理に配慮することも、夫婦関係を再構築する足がかりになるのではないでしょうか。

では、前記のケースとは逆に、妻が浮気・不倫をしたという場合、結婚生活を続けたいと思う男性は、どのように妻に接したらいいでしょうか。
この点、女性は、気持ちが離れるとなかなかもとに戻らない、と言われることがあります。

そこで、妻が浮気・不倫をしていた場合に夫婦の関係を立て直すためには、探偵事務所に浮気調査・不倫調査を依頼し、浮気・不倫の証拠を確保した上で、浮気・不倫相手に慰謝料を請求するなどして、浮気・不倫相手との関係を完全に断ち切らせることが重要になります。
こちらもご参照ください。
浮気・不倫相手に慰謝料請求
探偵が教える浮気・不倫調査の後、関係相手と別れさせる方法
その後は、「離婚はしない」と徹底的にねばりましょう。

もちろん、夫が浮気・不倫した場合と同じように、子供に仲をとりもってもらう、というのも大事です。夫婦で共通の趣味を持つなどして、一緒に過ごす時間を増やしましょう。

一方で、経済的な理由などから離婚はしたくないけれど、パートナーに対する愛情を冷めてしまっているという場合もあります。
そうした場合であっても、感情にまかせて、自分の気持ちが冷めているということをパートナーにはっきりと伝えるのは、得策ではありません。

明確に証拠に残るような形で伝えてしまうと、パートナーから離婚を要求されたときに、「婚姻関係が破綻していた」として、離婚が認められてしまう可能性があるからです。
(詳細は「離婚の原因」ご参照ください。)
そのような点にも注意してください。

夫婦問題や離婚・慰謝料については合わせてこちらもご参照いただければと思います。

素行調査・浮気調査・不倫調査をお考えの方は、当探偵事務所まで、お気軽にご相談ください。

(当探偵事務所のご相談・ご依頼方法につきましては「探偵に浮気・不倫調査の相談・依頼をする方法」をご参照ください。)

井原探偵事務所
〒106-0045 東京都港区麻布十番1-5-10 アトラスビル4F
Tel:03-6869-1685

当探偵事務所にご来所される際には、お電話(03-6869-1685)やご相談・お問い合わせフォームにて、事前のご予約をお願い致しております。
事前のご連絡なくご来所された場合、誠に申し訳ありませんが、担当スタッフが不在の場合がございます。
ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

関連記事

  1. 探偵の報告書は弁護士や裁判所も認めてるって本当?
  2. 浮気や不倫の慰謝料相場
  3. 離婚の原因
  4. 探偵と離婚・慰謝料問題の関係
  5. 離婚の専門家や公的機関に相談してみる
  6. 離婚弁護士とは
  7. 浮気・不倫相手に慰謝料請求
  8. 離婚のかたち

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

ARCHIVE

探偵業届出と加盟協会

東京都公安委員会(探偵業届出第30150195号)
(社) 日本調査業協会加盟(加盟登録第1524号)
(社) 東京都調査業協会所属
社団法人 日本調査業協会
社団法人 東京都調査業協会
日本弁護士連合会
東京弁護士会
第一東京弁護士会
第二東京弁護士会
PAGE TOP